はじめまして。

みなさん、こんにちは! 
《夢の花を咲かせるオーダーメイドバッグ屋さん》友田陽子です。

神奈川県厚木市で夫と一人娘と三人、
「あ~~、幸せだなぁ」と感じながら、
今日も笑顔で過ごしています。

私のライフワークは、バッグを作ること。

お客様の想いが詰まった世界でひとつのバッグ、
ワクワクのスイッチをONにするバッグを、
心を込めて、オーダーメイドで作っています。

毎日幸せを感じている私ですが、
育児が始まり、娘が小学校に上がるまでは今とは180度反対の生活でした。

「毎日がツライ」と泣いていた私が
どうやって自分らしさを取り戻し、バッグ作りに目覚め、
笑顔で暮らせるようになったのか?

これから、お話させていただきますね。

バッグ作家・コーチ
TSUBAKI

自分を嫌いだった私。

みなさんは、自分を嫌いだ、ダメな人間だ、と思ったことはありませんか?
イライラして家族や周囲の人に八つ当たりし、関係を壊してしまったり……。

娘を産んだ後の私が、まさにその状態でした。

初めての出産後、体調を崩し、持病の腰痛も悪化。
産まれたての赤ちゃんを抱っこして、お散歩に出ることもままならない。

思い描いていた子育てができない自分を責め、
「もっと頑張らなければ」と肩に力を入れすぎて、身も心もガチガチに。

子育てへの不安から、
夫や両親とのコミュニケーションが思い通りにいかず、
ママ友とも、思うような関係を築けない。
無理をしてとりつくろっては爆発し、苛立ちや怒りを夫にぶつけた日々もありました。

そんな私の心を反映するように、部屋は次第に荒れていきました。

「片付かないのは私のせいじゃない、道具が足りないせいだ」

そう考えた私は、便利グッズや収納グッズを買いあさり、
余計にモノで溢れかえる部屋に。

できない自分。それを認めたくない自分。
苦しくて苦しくて、どうしようもない。

「誰か助けてーーーーー!!!!!!」

毎日、心の中で叫んでいました。
でも、どこで叫べばいいのかもわからない。
自分を信じられない。
人を信じることも、できない……。

そんな時に出会ったのが、お片付けのプロの存在。

「片付けで人生が変わった!」

この言葉にすがるような思いで、学びを始めました。

気づき。

「いつも笑顔でいる自分に変わりたい」
「もっと自分らしく、のびのび生きたい」

そんな想いで、『ライフオーガナイズ®』という片づけメソッドを学び、
次に『ドリームマップ®』という人生の目的をワクワクしながら描くメソッドを、
さらに、コーチングの世界にも出会いました。

「ああ、こうやって自分のことを話せる場所がほしかったんだ」
「素直に自分と向き合える時間を、求めていたんだ」

長い時間をかけて重い鎧を脱ぎ、ようやく素直に自分と向き合えた時。
私の中で、何かが弾けました。

「幸せの種は、私の中に溢れるほどある」
「その種からどう芽を出すかは、モノの見方・視点を変えることなんだ」

この瞬間から私は、夢を叶えられる自分に変わったのです。

「私の人生を変えたメソッドを、同じように悩む誰かに届けたい!」

そう思った時、大好きだったバッグ作りを再開しようと閃きました。

北欧カーテン生地との出会い。

私がバッグ屋さんを始めたきっかけは、結婚して生まれて初めて関西を離れたこと。

1976年兵庫県宝塚に生まれ西宮で育ち、2004年に結婚するまでの27年間、
実家を出たことがなかった私。

引っ越した神奈川県厚木市には、親戚も、友人知人もいません。
専業主婦だった私を待っていたのは、
朝早く出勤し、夜遅く帰る夫を待つ、一日15時間の一人ぼっちで孤独な時間。

この寂しい時間を、どうにか楽しい有意義な時間にしようと、
OL時代に始めた趣味の洋裁を始めることにしました。

実は、私のハンドメイド好きは家族譲り。
祖母は着物のお仕立てをし、母も叔母も手作りが上手。
中学生まで、母のお手製の服を着ていたくらいです。

大好きな祖父からのお嫁入り道具は、立派な職業用ミシン。
その他に、衣装ケース3つ分の、たくさんの布コレクションも。
この布を使って、片っ端から大人のお洋服や、出産祝いの贈り物を作り、
ネットで販売を始めたのが最初の一歩でした。

そんな中、運命の布と出会ったのです。

それは、北欧のカーテンの生地。
今までに見たこともない色使い、大胆な絵柄。力強さ、大胆さ、そしておおらかさ……。
そう、まさに一目ぼれでした。

2004年当時、まだほとんど知られていなかった北欧の生地の魅力。
カーテンだけじゃなく、もっともっとたくさんの人の目に触れる「モノ」にしたい!
ここから、バッグづくりが始まりました。


自分は本当は何が好きで・何を大切にしたいのか。

オーダーのために我が家に足を運んでくれるお客様はみんな、
見たこともない生地に感動してくださいました。

そして、妥協せず、本当に欲しい色や柄、サイズや形、
使い勝手を丁寧にヒアリングすることを、とても喜んでくれました。

そうやってできあがった自分だけのこだわりのバッグを
5年も10年も愛用してくれるというのは、わたしにとってモノづくりの原体験でした。

「本当に気に入ったモノを、人はとても大切にする」

多くの人が抱えている片付け問題・日々の悩みを解決するには
「自分は本当は何が好きで・何を大切にしたいのか」を知り、
自分の価値観を大切にする体験が必要です。

それはまさに、私自身が子育て中の苦しい体験の中から学んだこと。

そんな経緯を経て、
オーダーメイドのバッグ作りに、コーチングを取り入れるようになりました。

わたしが、わたしであることが、一番尊い。

バッグ作り、お片づけ、夢を描くことの大切さ。
そして講師として、多くの方に伝えるという活動を通して、気づいたこと。

それは、

「わたしが、わたしであることが、一番尊い」

ということ。

私は、自分を愛するようになりました。
夫婦関係も両親との関係もよくなりました。
毎日を、笑顔で生きられるようになりました。

 
お片づけ、ドリームマップ、そしてコーチング。
自分自身の辛い体験から学んだ、かけがえのない気づきが、
私を『TSUBAKI』というライフワークに、導いてくれました。

バッグ作りを通して
人の想いを受け止め、夢をカタチにし、
その人が最高に輝くためのサポートをしたい。
誰もが自分らしく、ありのままに生きられる社会を作りたい。

それが、TSUBAKIのバッグに込められた想いです。

あなたと、あなたの大切な人が、
そして世界中が笑顔になる、新しい一歩。

あなただけのオーダーメイドバッグから、始めてみませんか?

あなたの夢の花が、ポンっと咲きますように。
TSUBAKI 友田陽子